患者とのコミュニケーション法

看護師は、医療に関する専門知識や技術ももちろん必要ではありますが、患者さんとコミュニケーションをとることも大切な仕事のひとつであることを忘れてはいけません。
常に患者さんに寄り添い、近い距離で仕事をしなければなりません。

信頼関係がとても大切であり、それを築く為にコミュニケーションが重要な鍵となります。
病院に来る患者さんは、1人1人症状が違い、出身や話す方言、年齢や性格だって異なるのです。

お互い人間なので相性があり、全ての患者さんと上手くコミュニケーションがとれるとは限らないでしょう。
相性が合わないと思う患者さんと、コミュニケーションをとることは中々難しく大変と言えます。

上手くコミュニケーションがとれない状況が続くと、現場全体に悪影響を及ぼす恐れまで出てきてしまうのです。
そういった状況は、大きくなる前に対処することが望ましいと言えます。

どの様に対処すれば良いのかと疑問に思う人もいるでしょう。
解決策としては、相性の悪い患者さんの担当から外れ、別の看護師に代わりをしてもらうことがあげられます。

こちらの問題は、個人で解決することはとても難しいでしょう。
個人で解決しようとはせず、職場の問題としてとらえスタッフ同士が協力しあうことが、解決するために大切です。

仕事をする側の看護師も、してもらう側の患者さんも、人間関係に問題があれは気持ちよく仕事をしたり、看護をしてもらうことは出来ません。
人間関係に問題が生じた時は、ちゃんと解決が出来るように対策を知っておきましょう。