地方に転職すると感じるギャップ

地方での生活に憧れを持ったり、もともと地方出身で地元に帰りたいと、都会から地方へ看護師が転職することも多くなりました。
UターンやIターンなどと呼ばれる転職方法で、それを斡旋するサービスも増えてきています。

都会で働くのも地方で働くのも、それほど違いはないと考えてしまう人もいますが、都会で働いてきた看護師が地方へ転職すると、ギャップを感じる傾向があるので気をつけましょう。
周辺環境や物価、物流などの影響でプライベートの生活にも大きな違いが生じるのは確かでしょう。

しかし、それ以上に仕事の様子がまるで異なるという印象を受ける人が多いのです。
都会に比べると地方では現場で働く看護師の数が少なめです。

必然的に業務量が多くて負担は大きくなり、一つ一つの仕事に対する責任も重く感じられてしまいます。
しかし、それが辛いかどうかはケースバイケースで、そのようなプレッシャーがあってもなお働きやすいという印象を受ける人も少なくありません。

地方では人と人とのコミュニケーションが密な傾向があります。
同僚とのコミュニケーションも活発に行われるので、一丸になって働いているという印象を受けるでしょう。

患者さんとも話をする機会が多く、とても距離が近く感じられて親身になって働きやすいと感じる人も多いのです。
このような傾向があることを理解した上で、自分に合っているかどうかを判断し、地方へ転職するかどうかを考えるのが賢明でしょう。