医療現場での方言の問題と解決策

方言は、日本各地で、それぞれの地域において独自に、そしてその地域の特色を踏まえた発展していったものです。
そのため、その地域の暮らしに即しており、使用することでその地域での暮らしがスムーズになるというメリットがあります。

また、方言独自の温かみを感じる人もおり、親しみやすさを覚えるといったメリットもあります。
しかし、一方でその地域にもともと住んでいない人にとっては意味が分かりにくいといったデメリットもあります。

意思疎通が難しくなり、細かなニュアンスも伝わらず、誤解が生じやすいです。
この意思疎通がしづらくなるということは、医療現場において大きな問題となっています。

患者さんが方言を使うことにより、医師に症状がうまく伝わらないといった問題が生じたり、地元の看護師や医師の通訳が必要不可欠となるといった問題が発生したり、時には間違った医療を提供しかねません。
間違った医療を提供してしまうと、時間の無駄となるほか、場合によっては患者の症状が悪化しかねません。

そのため、方言による意思疎通の妨げを解決することは、非常に重要なことです。
この問題を解決するために、様々な対策が取られています。

まず、今後医師・看護師などの医療従事者となる人々が、方言による不理解を抱えないように、大学の医学科などの教育現場であらかじめわかりづらい・間違えやすい方言を教えておくという方法です。
また、現役の医療従事者たちのために、間違えやすい方言の事例を集め、データベース化したものを作成することも進められています。