不動産投資のポイント

不動産投資のポイントについて解説してゆきます。

不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資とは、不動産を購入し、自分では住まずに人に貸して家賃収入を得たり、購入した価格よりも高い金額で売却して投資方法です。不動産投資は外貨投資に比べると、リスクが少ないと考えられていますが、短期間で資金を何倍にも増やせるような投資法ではありません。不動産物件を慎重に選ぶ必要があるでしょう。不動産を購入してしまえばそれで済むわけではなく、老朽化に対する対策などのメンテナンスも必要になります(管理会社に委託するのが一般的ですが)。物件を選ばないと、所有する不動産の借り手が(空室リスク)でしょうし、経年につれて建物が劣化し、価値が下がってしまう、金利が上昇する、本業での安定収入が減ったりなくなったりすることでローンが支払えなくなる、将来、所有する不動産物件が希望する価格で売れないといったリスクもので、元本以上に利益が出るとは限りません。日本で不動産投資がだしたのは、「金持ち父さん貧乏父さん」という本がベストセラーになったことがきっかけです。金持ち父さんになりたいと、株式投資を始めたり、不動産投資を人が増えたようです。しかし、物件が地震で人が住めない不良入居者に借りられて困るなどの失敗も想定されますから、くれぐれも慎重に行う必要があるでしょう。


関連性のある記事